故人を導く花。

  • 2017.03.04 Saturday
  • 20:28

JUGEMテーマ:アロマ

 

いつもありがとうございます。

昨晩、アナザースカイに出演していた

写真家・蜷川実香さん。

まだ有名ではなかった頃、魅せられたメキシコの島を

再訪し、

死者の祭りを取材されていました。

 

日本のお盆と違って、明るい造花で彩られたお墓、

お祭り。

 

亡くなった家族が、迷わず帰ってこられるように

我が家に続く道に「マリーゴールド(カレンデュラ)」の花と花びらを撒くそうです。

 

暗い夜道に、小さな灯のように映えるオレンジの花びら。

 

古代の日本でも、忌み色、悲しみをいやす色は

「かんぞう」色と呼ばれる、橙系の色でした。

 

 

造花で飾られたお墓。

美しい造花も、

やがて枯れる花の命を留めておきたいという

人の心、

写真も、過ぎゆく時を留めておくもの・・

 

お詫び:

蜷川実香さんの字を間違えておりました。

美香さん→実花さん

お詫びして訂正いたします。

申し訳ございませんでした。

昔の遊び仲間が待ってた伊勢脇。

  • 2017.01.13 Friday
  • 19:22

JUGEMテーマ:アロマ

 

あけましておめでとうございます。

宝石、色と香りの

カラットオブカラーズ代官山 鈴木直美です。

 

こちらでは「芳香植物」「精油」「植物」「薬草」

中心に書いてまいります。

 

先日、用事があって、

中目黒方面へ、駒沢通りを中目黒小学校まで歩きました。

近くだから、と、携帯も持たず、事務所を出て

槍ケ先(やりがさき)交差点、とっとと、坂を下る。。

愛車を休ませながら、ドライバーさんも一息つける「Podium Cafe」

を、通りすぎ、

「ニトリ中目黒」近辺で用を済ました勢いで〜

目黒総合庁舎までお散歩という名の強歩!

 

祐天寺近辺まで、

魚介好きにはたまらないサカナバッカ、

カフェを左手に見て、

「天租神社」へ。

奥まっているので

見落としそうな鳥居が目印。

 

昔、よく遊んだっけなぁ、と参拝、

 

奥の伊勢脇公園でひとやすみして見つけた

「ハゼノキ」。

古い看板には「種からロウを採る」と書いてありました。

ウィキで調べるとそのロウは

木蝋(もくろう)と呼ばれ、用途も化粧品から日用品まで多様でした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E8%9D%8B

 

そのころから、見守っててくれて

ありがとう!

今では、精油を取り扱い、

有難い植物の恵みにあずかっています。

 

限られた都会の木々や植物を訪ね歩くのも

良かったです。

 

みなさんの地元、気づかなかった植物、教えて下さい。

本年もよろしくお願い致します。

 

スマホ忘れで、写真が無くてごめんなさい。

おわびに今日の恵比寿南の夕焼け。

 

雑草だと、むしったら可愛くてしばらく捨てられなかった(捨てたけど・・ごめんね)

ヴァーベナ,ヴァーヴェイン覚書

  • 2016.11.14 Monday
  • 12:30

JUGEMテーマ:アロマ


アロマ精油の
「バーベナ」
ドイツ語:eisenkraut(鉄のハーブ)
学名:Lippia triphylla
クマツヅラ科

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


花療法「Dr.バッチ・フラワーエッセンス」を採取する
バーヴェイン
学名:Verbena officinalis
クマツヅラ科
↑花療法「Dr.バッチ・フラワーエッセンス」
バーヴェイン「熱意が先立ち、空回り。一生懸命すぎて休めない」


 

 

 

レモン・ヴァーベナ(英名)

学名:Lippia citrodora

クマツヅラ科

イワダレソウ属

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

上野の山法師。

  • 2016.11.12 Saturday
  • 12:50

JUGEMテーマ:フルーツ

 

上野で見つけた

赤いかわいい実がなった街路樹。

学名:Cornus kousa

ミズキ科

ミズキ属

ヤマボウシ亜属。

 

マンション下の、さほど広くない植え込みに。。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

花、果実、紅葉と楽しめるそうですが

確かに!事務所裏のハナミズキも

赤くてかわいい実をつけています。

 

明日にでも、写真撮っておきますね〜

 

アニス・ヒソップの花と、アニスとヒソップ。

  • 2016.10.09 Sunday
  • 15:49

JUGEMテーマ:アロマ

 

 

2016年7月下旬。

アニス・ヒソップの花が咲いていました。

'リコリス・ブルー'と呼ばれ

アニス(※)に似た香りを持ち、花は乾燥してヨーロッパでは

風邪薬に使う習慣があるそうです。

 

ほんとの花の名前はなに?、で調べてみました♪

今日は

1「アニス」

2「ヒソップ」

チェックしてみました。

 

 

 

1・

アニス(※)の精油は

ドイツ・アロマラント社では

こちらアニス(Anis/ドイツ語sternanis/学名Illicium verum)マツブサ科シキミ属トウシキミ

です。

産地:マレーシア。

部位:種子

採取:水蒸気蒸留

 

正確には、トウシキミの実を乾燥させた

「八角・スターアニス」。中華料理でおなじみです。

香りはアニスに似ているのですが、

本当のアニスではなく

「トウシキミ精油」なんです。

(※現在、日本国内アロマラント精油では、アニス(トウシキミ)のお取扱い無し)

アニス(Anis/ドイツ語sternanis/学名Illicium verum)マツブサ科シキミ属トウシキミ

 

一般に、

アロマとして避けるべきとされる精油「アニス」は

「アニス・シード」で、

学名Pimpinella anisumセリ科ミツバグサ属アニスです。

消化器官の痛み、月経痛、母乳促進、心臓と肺の病気を治すのに

高い効果が認められていましたが、医学の発展もありますし、

ほかにも代用できる安全な精油をお使いください。

 

2・「ヒソップ」。

 

精油ではHissopus officinalis

シソ科ヤナギハッカ属ヒソップ。

1年ほど前には精油の在庫がありましたが、

ご注文数が減り、現在取扱い休止しております。

 

聖書に出てくる清めの儀式で

清い鳥、杉の枝、緋(赤)糸と一緒に使われるヒソプの枝

は違うもの、とされているようです。

(レビ記14-4)

 

 

Cinnamomum ceylanicumシナモン(セイロン肉桂)の精油

  • 2016.09.27 Tuesday
  • 20:00

Zimtblaetter/

Cinnamomum ceylanicum

Zimt=シナモン

blaet=葉

 

いつもありがとうございます。

シナモン(セイロン肉桂)の精油は葉を
蒸留(水蒸気)したもの

 

樹皮を
蒸留(水蒸気)したもの
に2種ございます。

芳香浴には
葉を水蒸気蒸留したものを
お勧めしております。

サンプルをお試し(嗅いで)になりたい方は
カラットオブカラーズまで
ご連絡くださいませ。

 

7

 

 

 

 

お勧めしております。
上記の方が「シナモンの香」りを感じる方が多いようです。
サンプルをお試し(嗅いで)になりたい方は
カラットオブカラーズまで
ご連絡くださいませ。
 

小さいけど、大インパクト!Musa velutina H.Wendl.&Drude

  • 2016.09.26 Monday
  • 20:19

JUGEMテーマ:フルーツ

 

このブログでは、

出会ったハーブや好きなアロマ関連記事

をアップ、

カテゴリー番外編/ムサ・ベルチナ。

 

名前も独特(ちょっと変)、すてきです。

初めて知りました、

このムサベルチナは、
種が完熟すると、果肉が
「どうぞ」って勝手(?)に
皮がむけて、食べごろを知らすのだそう。
種を増やすための、種の知恵なんですね〜

別名:モンキーバナナと言われるそうですが、
ふつう、スーパーで売っているバナナも
そうなんでしょうか。

instagramで
ムサベルチナmusavelutinaで検索すると
いろんな写真が、でてきます!。
やっぱり鳥に運んでもらうのが、一番
効果的でしょうか。

奔放、というか
無鉄砲というか
植物って自由だわ〜
 

 

ゼラニウム Pelargonium graveolens Gernaniu

  • 2016.09.26 Monday
  • 12:28

JUGEMテーマ:アロマトリートメント

 

写真は渋谷植物ふれあいセンターの
観賞用の「オークリーフ・ゼラニウム」

 

精油を採取するのは
ゼラニウム
Pelargonium graveolensです。

 

 

続きを読む >>

ヤロウSchafgarbe blau/シャフガルベAchillea millefolium

  • 2016.09.24 Saturday
  • 19:54

JUGEMテーマ:アロマトリートメント

 

ヤロウ精油

Schafgarbe blau/シャフガルベ

学名Achillea millefolium

 

1ml 3300円

産地:ハンガリー

部位:

採取:蒸留

 

ビールホップの代わりに使用されたり

ハーブとして、発汗、解熱、利尿など。

アトピー性皮膚炎用に、ラヴァンジン、ローレルリーフ、ティートリー

腱鞘炎用にウィンターグリーン、イランイラン、ユーカリレモンなど

ブタクサを含めてキク科アレルギーの使用に注意を要する

(カラーグラフで読む精油の機能と効用−エッセンシャルオイルの作用と安全性を図解−フレグランスジャーナル社P111より引用)

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM