【アロマラント通信2015年12月号】

  • 2015.12.16 Wednesday
  • 15:57

JUGEMテーマ:アロマ

アロマラント通信2015年12月号

 

1. お知らせ:10月〜12月のサービス品

2. 記事:12月アドヴェントのドイツ

3. ドイツ雑感3:マリーアントワネット

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(1)お知らせ

期間限定値引品:10月〜12月の20%引き奉仕品はユーカリ・シトリオドラ、オレンジスイート、シナモンリーフの3種です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

12月アドヴェントのドイツ             長谷川ひろえ

 

ドイツに3泊5日と弾丸で行ってまいりました。初めてクリスマスマーケットの季節に訪れましたが、小さい町でも教会の前の市場で三賢者やツリーが飾られ、屋台もとてもきれいでワクワクしました。

ホテルでクリスマスのバスソルトが置いてありましたが、シナモンとオレンジ、クローブの香りでした。屋台でも、ホットワインにシナモンスティックがささっているワインカップが買えます。このカップを集めている方もいるとか。もちろん、このカップをまた持っていけばそこにグ リューワインをついでくれます。

 

http://www002.upp.so-net.ne.jp/hiroecha/vin.html

 

こちらにハーブワインについて書いていますのでご興味あるかたはぜひ。

 

冬のヒルデガルト修道院のハーブガーデン、先週は雹と雨でとてもさむかったそうです。私が行ったときは、快晴でカレンデュラとヒルデガルトのバラが満開でした。凛とした姿は聖ヒルデガルトのようでした。修道院では、傷や荒れた肌用にカレンデュラをひまわり油に漬け込んだものを蜜蝋と一緒に溶かした作ったクリームを販売していました。この時期ドイツは、朝は9時半くらいまで暗く、5時には日がくれてしまうのでうまく眠れないそうです。おすすめは、レモンバームのチンキだそうで、シャワーではなくバレリアンやホップの香りの入浴剤をいれた湯船にゆっくりはいるのだそうです。

よい年末をお迎えください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ドイツ雑感3:マリーアントワネット

 

ドイツの香りでブランドイメージの有るものといえばせいぜい男性用オーデコロンの4711しか思い当たりません。前回申しました様に神秘的で目に見えない対象に熱中するドイツ人気質から言って不思議です。

 

香水作りが発展した18世紀という時代はフランスの時代でもありました。香水そのものはルネサンスイタリアからフランスへお嫁入りしたカトリーヌドゥメディシスが16世紀に持ち込んだものですからイタリア趣味でしたが、これがフランスに移植されて大発展を遂げます。

ベルサイユをはじめパリの邸宅では多数の舞踏会が催され女性たちは自分の香りを調合させたものです。トイレが少なく女性も庭で用を足したり、お丸を使ったりしていたものですから悪臭が立ち込め易く、香水は臭い消しという実際上の役割を果たしていました。これは段々知られる様になった事実ですね。

めったにお風呂に入りませんし、トイレなどの悪臭への対抗ですから、香水も麝香やアンバーグリスを多用した強いオリエンタル香調のものが普通でした。

 

18世紀は女性の世紀とも言われ、フランスではルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人、ドイツ文化を背負って立っていたオーストリアではマリアテレジア女帝、ロシアではエカテリーナ女帝が政治を牛耳っていました。将来の強国北ドイツのプロシャはお堅いフリードリッヒ大王の時代ですから香水など発展しません。また18世紀はフランスの時代でもありました。人口が欧州諸国トップでしたので、砲兵歩兵の陸軍が強く、軍事力、経済力そして文明パワーが他国を圧倒していました。今でもヨーロッパ中に残るフランス趣味の宮殿や庭園は当時のフランスへの憧れと真似の証拠です。ウイーンのシェーンブルン宮殿、ポツダムのサンスシー宮殿、ベルリンのシャルロッテンブルク宮殿など枚挙にいとまがありません。

 

こうしてフランス文明の広がりに乗ってフランス好みの香調が、パリ土産としてヨーロッパ全体に広がった訳です。こういう時代と場所に、本陣に、ドイツ文化を背負ったマリーアントワネットがお輿入れしました。

(深谷)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

メルマガ発行者:深谷商店

 

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町 2-17-6-608

tel/fax 03-3249-7844

http://www.fukaya-shouten.biz/

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

メルマガ登録

「カラットオブカラーズ代官山通信」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

宝石中心メルマガ「オパール便り。」

「代官山・オパール便り。」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

selected entries

categories

archives

recommend

図説宝石と鉱物の文化誌
図説宝石と鉱物の文化誌 (JUGEMレビュー »)
ジョージ・フレデリック・クンツ
宝石の歴史、科学、文化誌、伝説。「辞書」として手元においてます。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

どの本を読んだらいいかわからない、
エッセンスを自分で選びたい方、
おすすめです。

recommend

七つ屋志のぶの宝石匣 1-6巻セット
七つ屋志のぶの宝石匣 1-6巻セット (JUGEMレビュー »)
二ノ宮 知子
下町人情+セレブ+宝石×七つ屋(質屋)

recommend

アロマテラピー事典
アロマテラピー事典 (JUGEMレビュー »)
パトリシア・デービス
一家に一冊。常備おすすめ。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM