calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

メルマガ登録

「カラットオブカラーズ代官山通信」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

「代官山・オパール便り。」

「代官山・オパール便り。」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

2018 ギメル展inGINZA SIX 銀座シックス

0

    下記は、2017年9月に配信させていただいた

    メルマガからの抜粋。

     

    昨年、名古屋での「ギメル展」に行くはずの

    経費を別の「お買いもの」で消費してしまった。

    あきらめていたら、

    今週19日から東京・銀座で

    行われるじゃないの!!

    このブランドのすごさ。神。

     

    さて、前回、アタマでドアガラスを割り、

    頭蓋骨の丈夫さ・硬さは病院で証明済み。

     

    先日もある画家の先生から

    「頭が固いよ!」と言われたばかり。

    宝石も硬い、デザインも固いっていう意味だと思います。

    お言葉、有難く。。

    さて

    あなたのお名前に、

    今のお仕事に関係する漢字が入っていませんか。

     

    私の旧姓には、石と水。

    「井」には中心という意味や

    井戸の上に伏せた格子の形から

    字ができたという説もあり。

     

    石材研磨には、割れないように、

    摩擦熱を下げるための冷水が不可欠ですね。

     

    祖父が左官、父が建築設計。

    砂、石、土のご縁つながり。

    母は、昔はおもちゃメーカーに勤め、

    洋裁も得意なおしゃれさん。

     

    私の今の姓、

    「鈴」は金偏。魔を払い、神動の発令を願うものと。

    「木」自然の植物、木々、鉱物は
    色彩を生みます。 

    あなたの、心のケアに

    お使いいただくフラワーエッセンスも

    「清い水」が必要。繋がりの中に

    自分がいる感じがします。

    きっと

    あなたのお仕事も

    大きな繋がりを生んでいるのでは?

     

    仕事って、呼ばれるもの、だそうです。

    自分で選んだようでも

    そこで果たすべき債務や

    必要な経験があるため「呼ばれている」んだそうですよ♪

    ほんと。

    実感してます。

     

    先日、あるデザインジュエリーを

    オーダー頂き、偵察がてら、行ってみた

    ティファニー銀座本店。

    ・・・・

    数分後には、

    ティファニーの紙袋が私の手に。

    いつのまにか、ティファニーマジックに。

    買っちゃってるじゃないの、私!!

    あわわ。

    せめてティファニーのサングラスか

    ボールペンで

    ごまかして済ませばよかったのに。

    今月、もう経費は出せませぬ。

    その経費で、名古屋に行こうと
    考えていました。
    宝石業界も注目「GIMELギメル展」(芦屋のジュエリー工房)に
    行くかどうか、と。たぶん、最初で最後だろうし。


    このオフィス、優先順位は、
    カラットオブカラーズ代官山を訪ねてくださる皆様。
    (つづく)・・・・

     

    長いブログ、読んでいただきありがとうございます!

    GIA GG、米国宝石学会卒業日本支部同窓会のみなさま、

    ジュエリーファンの皆様、

    会場で

    お会いしましょう☆

     

    JUGEMテーマ:ジュエリー

    大型連休初日の今日、良く晴れましたね!

    いかがお過ごしでしたか☆

     

    ギメル展・銀座シックス続き。

     

    artglorieux

    GIA(米国宝石学会)卒業同窓会日本支部の皆様と一度、

    宝石好きのお客様と一緒に見る前に一度、

    計三回、拝見サキ

     

    名古屋での展示期間、毎日通ったという方も、

    ギメル・ファン、コレクターの方もちらほら。

    個人のお品も飾られていました。

    広くない会場、お隣の奥様は「ひとつ、持っていますのよ」。

    など、おしゃべりが楽しい。

     

    GIA同窓生は総勢30名弱集まり、

    鑑賞後の懇親会で、今、見てきた

    ギメルのネックレスを付けている同窓生の方を

    発見。

    鮮やかで深い翠のデマントイド・ガーネットの葉を持つさくらんぼさくらんぼ。

    さくらんぼは、

    ギメルにクラスプを依頼したという豪州パスパレイ社の無核真珠だそう。。

    円に近い無核真珠は、そうそう見られるものではありません。。

    同社のコレクションだった、円いディスク状の無核真珠のネックレス。

    一粒ペンダントじゃなく、連のネックレス。

    真珠の間には、平らなビーズ状のメレダイア。。

     

     

    同窓生の中には、ガーネットを納めている業者さん。

    そのアツ−イ裏話を聞かせてもらいながら。

     

    もうね、、

    美しい真珠、鮮やかなガーネット。

    美しいファンシーカットのダイアモンド。

    葉から零れ落ちたしずくは、ブリオレットカットのダイアモンド。

     

    ヨットのピンズ(ちいさなブローチ)。

    帆は、一辺が長い、三角形のカットダイアモンド。

    美しいキール線をもった船体は、平たい半円ダイアモンド。

     

    その後ろ、空に見立てたアクリル板ディスプレーに、ホンモノのダイアが。

    夜空の星か、はたまた雨粒か。

     

    こんな美しいカットダイアが!

    もしルース(裸石)で見ていたら、美しくても仕入れるのは、ためらわれるけど。

    社員の方に伺ったところ、

    「美しいものであれば手に入れ、デザインのインスピレーションが

    来るまで、何年でも金庫に眠る。」と。

     

    アトリエには、職人さん18名。

     

    冬枯れの落ち葉は、

    ダイアモンドの雪をまとって

    きらめき、葉の裏から、穴を開けた張本人・小さな虫がちょこっと顔をだす。

    (この落ち葉の枯れ具合、職人さん泣かせの曲線ばかり)

     

    gimel
    ギメル展 エントランス。撮影はここまで。

    −−−−−−−−−

     

    拙者、宝石の仕事、

    再開のきっかけは貴金属買取依頼。

     

    毎日、地金相場を見ては、ワクワクしていたら

    「宝石の仕事しているんだったら、デザインも

    勉強してね〜」

    友人の言葉が、よみがえる。

    −−−−−−−−−

     

    ジュエリーの作り替え(指環をネックレスに等)や、

    オーダーを頂けるようになった今

    その言葉が、毎日の宝物。

     

    自分にできる仕事は、何か。

    考え、

    前進します。

     

    ながいながいよ〜ごめんなさいね〜

    長う文ん〜

    お読みいただき、ありがとうございます☆

     

    すてきな黄金週間を☆

     

    お気に入りの、ジュエリーと一緒にお出かけください♪

     


    コメント
    コメントする